大学受験

人気ブログランキングへ

プロフィール

taan77

Author:taan77
現役京大生のtaanと申します
。役立つ参考書などを紹介したいと思います。

県立高校→一浪→京都大学理学部

カテゴリ

未分類 (11)
英単語帳 (10)
英文法参考書 (5)
英文法問題集 (6)
英語構文 (3)
英作文 (7)
英文解釈 (2)
英語長文 (3)
私の受験結果 (1)
数学参考書 (6)
数学問題集 (6)
古文単語 (4)
古文読解 (2)
古文解釈 (2)
古文文法 (2)
古文問題集 (2)
現代文問題集 (7)
現代文用語集 (3)
小論文 (3)
化学 (9)
物理 (16)
日本史 (20)
日本史論述 (2)
東京大学対策 (19)
京都大学対策 (1)

一押し

アンケート

アンケート

最新記事

月別アーカイブ

リンク

PR

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おすすめ参考書~京大生が選ぶ大学受験参考書~

東京大学対策 数学文系


東大の文系数学25カ年[第5版] [難関校過去問シリーズ]東大の文系数学25カ年[第5版] [難関校過去問シリーズ]
(2010/05/15)
本庄 隆

商品詳細を見る

試験時間は100分。2月25日の14:00~15:40に実施される。
配点は80点で、4つの大問から構成されているので、1問20点である。
理科との共通問題も一部出題される。総じて、文系としてのみならず理系としても難易度の高い問題が出題されるが、最も差の付きやすい教科なので、捨てることは許されない。図形や整数などを絡めた複合分野問題が多く、定型化された解法だけでは対応できないことが多いとされてきたが、近年は計算力重視の傾向が顕著であり制限時間が厳しい。1問20点もあるので、難問が出ても、捨てることはせず、部分点を積極的に狙っていくことが大切である。
採点では、厳密に部分点の採点もなされている。理解不十分な解法により正答らしい解答がなされている答案よりも、正確な理解に基づいた途中答案の方が高得点が与えられることも往々にしてあると、東大教官は言っている。数学が苦手な東大文科受験生でも、部分点を駆使するなどして、最低でも20~30点を取ることを目標に受験勉強を行っておこう。数学を得意とする受験生は、70点以上を獲得することも可能なので、他の受験生に一気に差をつけることが出来る。

この記事が役に立ったと思っていただけた人はここをクリック

おすすめ参考書~京大生が選ぶ大学受験参考書~

東京大学対策 数学の発想のしかた

東大数学で1点でも多く取る方法 理系編東大数学で1点でも多く取る方法 理系編
(2009/05)
安田 亨

商品詳細を見る


東大では、知識は教科書レベルでも発想の仕方で差が生まれる問題が多い。また、文系であっても数学Ⅲ、数学Cの知識があることが望ましい。設問としては数学Ⅲ、数学Cの知識が全く無くても解答できるように設定されている(この点については非常に厳密に守られている。)が、これらの知識があることで発想可能範囲が広がるものである。これは高校の指導要領では数学の履修範囲について、本来は文理の区別はされておらず、文系であっても数学Ⅲ、数学Cの履修は制限されていないように、理想的には全科目において全範囲(例えば数学6科目、理科4科目、地歴3科目など)を取得していることが高校生として望ましいと大学側が考えているからである。これは大学側としては受験科目に特化した授業体系を取っている有名受験校出身者に偏ることなく、地方県立高出身者の割合を低下させたくないと考えているからである。(かつては地方県立高は理科社会は全科目履修が当たり前という時代があったのである。)

また、文系であっても数学Ⅲ数学Cの知識を用いて構わないのと同様に、指導要領外の解法で解答しても、論理的に正しければ満点を与えるものである。たとえば、現在の指導要領では削除されている複素数平面で回転させた場合には不正解であるが、行列・1次変換を用いて回転した場合には正答であるなどという、数学の本質から外れた採点基準は好まないからである。それゆえ、偏微分や二重積分を用いた解答でも満点なのであるが、判定基準は厳密になる。採点時には何通りもの想定解答パターンと配点基準を用意し、採点者による不公平が無いようにしているが、仮に想定パターン外の解答が出てきた場合には採点者自らがこの解答に沿った模範解答と配点基準を設定し、これを他の採点者とすり合わせて点数を設定することが内規で定められている。この場合には受験者の記載内容は一字一句詳細に複数の採点者に読み取られる。つまり指導要領外の解法を用いていても構わないが、理解度において指導要領内の解法と同程度でなければならないので、理解があやふやなままテクニックとして用いた解答記述は減点の原因になりやすいのである。

この記事が役に立ったと思っていただけた人はここをクリック

おすすめ参考書~京大生が選ぶ大学受験参考書~

>

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。